FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、6時過ぎにテントを片付けているとおばさんに声をかけられた
“よかったら朝ごはんでも食べていかん?”
この遍路小屋を作った三好さんの奥さんだった
遠慮無く朝ごはんをご馳走になった

あまり真面目に朝食というものを考えたことはないが
白米、味噌汁、焼き魚、お新香
やはりこの組み合わせが一番最強だと思った
昼くらいまでほとんど何も食べずに歩けたのも久しぶりだった

1tosakatouge.jpg
鳥坂峠・・・は通らずに無難にトンネルを通る
危ないので歩行者用のタスキが置いてある

2_20121103102653.jpg
大洲市に突入

3_20121103102653.jpg
道中、ポコペン横丁という前を偶然通りかかった
ここだけ昭和にタイムスリップしたような雰囲気で
入るつもりはなかったのについ足がそちらへ向き
昭和の懐かしさが私にとっては新鮮でとても刺激的だった

4_20121103102652.jpg
昔の古い看板
大村崑のアレはなかった気がする

5_20121103102652.jpg
マツダの古い車

6_20121103102651.jpg
月光仮面って原チャリ乗ってるのね

7bekkakueitokuzi.jpg
別格 十夜ヶ橋 永徳寺

8_20121103102745.jpg
弘法大師がこの橋の下で野宿修行していたらしい
お遍路さんは橋の上で杖をついていけないという決まりがあるが
そもそもの発端はここの橋が由来と言われている

この橋自体は歴史も文化もあるのに
大洲の街があまりに栄えていて橋の上に高速道路まで通り
その橋とのギャップにどこか哀愁を感じた
そう、東京の日本橋にそっくりだと思った

9_20121103102745.jpg
橋の下にはちゃんと弘法大師がいる

10_20121103102744.jpg
今日泊まるのは十夜ヶ橋 永徳寺の通夜堂

今日はあまり歩かなかったがここに泊まったのは大正解だった
歩いて5分のところにオズの湯という銭湯があり
一週間ぶりに汗を流すことができ、3時間程漫喫した
露天、2種類のサウナ、クーラー室など結構設備はしっかりしてる

銭湯だけだと350円とかなり安いのだが
個人的にサウナがないと銭湯とは認めてないので
500円払ってサウナ付きの券を買った
生活切り詰めてる割にこういうところは譲らないよね

37313歩
24.15km
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://rudess.blog37.fc2.com/tb.php/1495-ab906cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)