FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強するモチベーションは劣等感
学校に行っても周りは全員敵、友達はいらない
なにせ合格率5.4%、どうせ友達になってもみんな落ちる
落ちた後ねぎらいの言葉をみんなに言うの?ありえない

一番頑張るのは自分
学校や講師を頼りにしてはいけない、利用するくらいの気持ち
勉強法は自分で見つける、あらゆる方法を試してみる
それでもマンネリはあるので常に違う方法を模索する

去年のクリスマスに学校主催のパーティがあった
私はビデオの予約をしてパーティをやっている隣のビデオブースで
黙々と一人勉強していた、お前ら全員落ちろと思いながら。
あの時の劣等感はいい起爆剤になった

授業中の席は一番後ろ
前の方に座っている人は優秀だと思われがちだが
私は一番後ろが一番集中できて人も見渡せていい
寝ている人も多かったけど私は誰よりも集中してた自信がある

授業のCDも配布されたが一度も聞かなかった
CD聞いてるだけだと勉強した気になれないしあまり集中できない
その代わりテキストは読みまくった
たぶんCDでの勉強は人によって合う合わないがある

よく合格するまで1000時間前後必要とか言われているけど
忘却との戦いと言われる社労士試験はあんまり関係ない
1年トータルでやるなら1000時間じゃ少ない
1000時間しかやりたくない人は残り5ヶ月くらいでやればいいと思う

私は1年目で1600時間、2年目は記録つけていないが同じくらいだと思う
もちろんクリスマスも正月もなく勉強してた
飲み会も全部キャンセル、土日は5時間勉強したら顔だけ出した
なんでこんなに勉強できたか自分でもよくわからない

思えば去年の雇用保険の選択2点
合格まで1点足りなくて、この1点のために1年間勉強した
1点だからといって決して慢心しなかった
むしろ去年よりストイックに勉強した、自分を追い込みまくった

愛媛の雲辺寺の手前のバス停で泣きまくったことを忘れない
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://rudess.blog37.fc2.com/tb.php/1543-cc1e658f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)